美白ケア・しみ・くすみに対応

美白ケアは内側からのケアも大切

紫外線が強くなる時期には、美白ケアの為に美容液や美白クリームなどのスキンケアをするだけでなく、体の中からも美白対策をしていきましょう。

白い肌を守る為の抗酸化作用のある成分、そして紫外線を浴びた後の肌を回復させる為の肌代謝を高める成分を意識的に食事の中に取り入れていくと効果的です。

その両方の作用を持っているのがビタミンCです。

ビタミンCはブロッコリーや小松菜、パセリなどの野菜類、イチゴやキウィなどの果物にたくさん含まれています。

ただしビタミンCは熱に弱い為、加熱せずに摂取する方が良いです。

ビタミンCは体の中に蓄積される事なく2時間ほどで排泄されてしまうので、食事毎にこまめに摂取するように心がけましょう。

またビタミンCは、血流の改善や活性酸素を抑えてくれる作用のあるビタミンEと一緒に摂取すると美白効果がより高まります。

ビタミンEを多く含む食品は大豆などの豆類、穀物です。

ビタミンcの他にリコピン、L-システイン、アスタキサンチン、エラグ酸などが美白効果が高い成分として注目されています。


このページの先頭へ戻る